◉南風ガーデンの四季(11月28日)


南風の丘から南へ地の果てにある岬の森のお話です。
いくつかの山を越えたら全く別世界の空気や植物、太陽の光、
海の色が現れる所佐多。

DSCN8239 (2)
辺塚へ 照葉樹林の森

そこに平家御中度伝説のある小さな辺塚村があります。
実は、今日お伝えしたいのは
この地元の方々の親から子へ、子から孫へと代々引き継がれていくことがあるのです。
それは、照葉樹林の中に古代から住み続ける日本ミツバチと共に生きる事-。
ドキドキしませんか?
日本ミツバチは日本中にいるミツバチのわずか0.3%しかいない希少なミツバチです。
西洋ミツバチに比べてちっちゃくて自我が強くて
地元の方々が作った蜜箱にも礼節を欠くとさっさと引っ越してしまうそうです。
また、その生活がとても素敵なのです。
午前中は子供たちの為に体中に白や黄色の花粉をいっぱい付けて運びます。
お昼になるとその時々に咲いている照葉樹林の小さな花々から
蜜を頂いてくるそうなのです。

DSCN8245 (2)
自生している和ラン

DSCN8267 (2)
照葉樹の白い小さな花

ちなみに1匹のミツバチが一生に集める蜂蜜は小さじ1杯ぐらいだとか。
1年に1回、秋の闇夜の日にその蜂蜜を人は蜂から分けてもらうそうです。
役場の白川副町長がおっしゃるには「佐多の人間はある日突然目覚めて
ミツバチの蜜箱を作るようになるのです。」
深い照葉樹林の中、川の源流のような小さなせせらぎの横にある蜜箱を見ながら
自然と人と動植物たちの千年以上も前からあるようなハーモニーが心に沁みました。
DSCN8265 (2)
照葉樹林の中にある蜜箱

DSCN8264 (2)


DSCN8257 (2)
苔の下ミツバチたちの休息所

もうすぐ南風農菓舎デザートハウスや銀座SIX店、WEB店でこの貴重なハチミツを
皆さんにお届けできると思います。
今回は初めて南風農菓舎で発売ということで
南大隅町の皆様が南大隅町や佐多や辺塚の想いを届けたいとボランティア価格です。
ですので、売り切れ次第終売になります。
もうすぐ商品をご案内いたします。

★南風農菓舎・デザートハウス
 ●鹿屋本店/ 南風ガーデン
 鹿屋市浜田町1349-1(南風の丘1-1)
 TEL 0994-47-3118

 ●GINZA SIX店 
 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX地下2階
 TEL 03-6280-6509

 http://www.minami-kaze.com/

コメント

非公開コメント